途中下車(同一乗車券再入場)

途中下車は、駅窓口や駅券売機で購入した100kmを超えるJRの乗車券で、途中駅で下車した場合にまた同じ乗車券で乗車できる制度です。

100kmを超えるのは、おおむね2つ隣の県まで移動した場合となります。

なお途中下車はワープができます。東京-和歌山の乗車券で、大阪で降りて天王寺で再び乗ることも可能です。

途中下車できない乗車券、つまり同じ乗車券で再入場できない乗車券には途中下車前途無効と書かれています。ただし途中下車前途無効と書かれていても、途中駅で降りることはできます。ただその先の運賃がムダになるだけです。

ただし新幹線を含む特急券には途中下車の制度はなく、全て途中下車前途無効扱いです。またネット予約で予約した新幹線のチケットや旅行ツアーで申し込んだ契約乗車票もほぼ全て途中下車前途無効です。

また東京都区内や大阪市内などの特定都区市内発着及び東京山手線内発着の乗車券では、エリア内は下車前途無効となりきっぷが回収されます。

このほか東京・大阪・仙台・新潟・福岡の近郊区間では、エリア内どんなに乗っても下車前途無効となり、途中下車(同一乗車券再入場)はできません。

東京-甲府・松本・水戸・いわきはこの特例により途中下車(同一乗車券再入場)はできません。

きっぷのルール
新幹線特急旅行の達人・鉄道時刻表ニュースをフォローする
新幹線特急旅行の達人
タイトルとURLをコピーしました