キャンセル・払い戻し

新幹線や特急列車に使用する乗車券・特急券はキャンセルの際に払い戻しができます。

使用前かつ列車発車前であればほとんどの額の返金を受けることもできます。

新幹線や在来線特急の払い戻し手数料は以下の通りです。

新幹線のキャンセル・払戻手数料
予約方法と座席購入当日
購入場所
購入翌日~
乗車2日前まで
乗車前日・
列車発車まで
裏技使用
ネット予約 片道(発券前)320円320円320円
ネット予約 往復(発券前)640円640円640円
普通車指定席・グリーン車
駅窓口・券売機で購入 片道
無料560円220円+特急券の30%
(最低560円)
普通車指定席・グリーン車
駅窓口・券売機で購入
往復(往復乗車券)
無料900円220円+特急券の30%
(最低900円)
普通車自由席
駅窓口・券売機で購入 片道
無料440円440円230円
普通車自由席
駅窓口・券売機で購入
往復(往復乗車券)
無料660円660円330円

駅窓口・券売機購入の乗車券と特急券のキャンセル・払い戻し

駅窓口や券売機で購入したきっぷ類をキャンセルする場合、乗車券・特急券に原則それぞれ220円の手数料がかかります。ただし指定席特急券とグリーン券は最低340円の手数料がかかります。

乗車券と特急券が1枚のきっぷにセットになったきっぷもありますが、手数料は2枚分引かれます。また新幹線と特急列車の乗り継ぎ特急券は特急券2枚分の手数料が引かれます。

ただし往復乗車券はゆき券とかえり券の2枚セットで220円の手数料となります。

なお購入当日に購入箇所で返金する場合は、買い間違いと同じ対応になるので原則手数料はかかりません。

また分割きっぷ・分割特急券を購入した場合には、分割した枚数分だけ1枚当たり220円がかかります。

ただし、回数券の払い戻しは全ての券片が未使用の際のみにできます。また使用開始した特急券の払い戻しはできません。乗車券の場合は100km以上残っている場合には差額を返金できます。

払い戻し額を受けられる場所

きっぷの払い戻しは、全国のみどりの窓口やJR全線きっぷ売り場のほか、指定席券売機やみどりの券売機でも受け付けています。

ただしクレジットカードの場合はJR他社線の駅では払い戻しが受けられない可能性が高くなっています。不安な方は購入した駅で払い戻しを受けてください。

払い戻し額を増やす方法

ただ、払い戻しの手数料を極力抑えより多くの返金を受ける方法があります。それは乗車変更を行うことです。

乗車変更は1回に限り無料で行うことができ、差額が返金されます。つまり手数料より安いきっぷに変えてしまえばより多く返金を受けることができます。

乗車券の場合、乗車区間を大阪-天満の片道乗車券に変更します。大阪-天満間の運賃は130円ですから、そのまま払い戻しを行うより1枚当たり90円多く戻ってきます。

また自由席特急券(新幹線含む)の場合、博多-博多南間に変更します。博多-博多南間の特急料金は100円ですから、そのまま払い戻しを行うより1枚当たり120円多く戻ってきます。

このほか1枚でも使った回数券の場合、金券ショップで買い取ってもらうことも可能です。

なお、指定席特急券及びグリーン特急券(新幹線含む)の払い戻しには裏技はありません。

ネット予約で購入したきっぷのキャンセル・払い戻し

ネット予約で購入したきっぷのうち乗車当日まで予約可能な商品は、券売機などで発券していない場合は割安な手数料(原則1つの座席当たり320円)を差し引かれることが多いです。また乗車2日前に手数料が値上がりすることもありません。ただしネット予約でも列車発車後は乗車券部分以外は返金されません。

キャンセル・払い戻しは利用したネット予約から行ってください。

またすでにネット予約した乗車券・特急券を払い戻す場合には、原則駅窓口や券売機での払い戻し手数料に準じます。

なおネットで購入したきっぷをキャンセルする際は、上述の払戻額を増やす裏技は使用できません。

ちなみにネット予約でも往復割引を適用している商品がありますが、往復で2席取るので払い戻し手数料も2つ分の640円になります。

早特商品など数日前で購入を締め切る商品ののキャンセル・払い戻し

早特商品など数日前で購入を締め切る商品であったも、原則払い戻し手数料はほかのネット予約と同じです。

ただしJR東日本えきねっとトクだ値等では列車発車前であっても券売機等で発券してしまった場合、払い戻し手数料が割高に設定されています(30%割引なら乗車券分を含め30%以上のキャンセル料をとられます)。

契約乗車票のキャンセル・払い戻し

券面に【契】と書いてある契約乗車票の場合には要注意です。

キャンセル・払い戻し手数料は購入箇所によって大きく異なるほか、払い戻し箇所も異なります(みどりの窓口やJR全線きっぷ売り場での払い戻しは原則不可)。購入箇所にお問い合わせください。

乗車していた列車の遅延による払い戻し

このほかに、列車が2時間以上遅延していた場合、特急券の払い戻しが行われます。

ただし、遅延が2時間以内の場合にJR各社の用意した代替列車に乗り換えた場合は、特急券の払い戻しは行われません(代替列車に乗り換えず、そのまま列車に乗り続けて遅延が2時間以上になった場合には払い戻しができます)。

ただ近年新幹線を中心に列車が2時間以上遅延することは極めて稀になっておりますので、災害や異常気象などで運休にならない限りは払い戻しは受けられないと思った方がよいでしょう。

きっぷのルール
新幹線特急旅行の達人・鉄道時刻表ニュースをフォローする
新幹線特急旅行の達人
タイトルとURLをコピーしました